ハイヤーに使用されている車両と安全装備について

ハイヤーとして使用されている車両は高級車ばかりです。色は黒でありつややか。さらに、磨き残しや手垢なんてまったくついていないボディ、もちろん、タイヤもきれいにされています。乗車してみると、内装も高級感にあふれており、とても居心地がよいものとなっています。ごみひとつ落ちていない状況なので、きっとここまできれいな車に乗ったのは初めてだと思われることでしょう。自家用車を常にきれいにしていても、ハイヤーと同じレベルには持っていけません。相当高いレベルの清掃が必要であり、さらに車内はしっかり除菌されています。

ハイヤーに高級車が使われている理由は、外観も内装も高級そのものだからです。見た目の高級感でほかの車両との違いは明らかであり、かなり目立ちます。このように存在感のあるハイヤーですが、実際には高級車というのが見た目だけではなく、さまざまな性能があることや丈夫にできていることが大事なのです。お客様を乗せて走行する際、こちらには過失がなくても追突されたり事故に巻き込まれたりする可能性はゼロではありません。高級車というのは、ボディが頑丈にできているため、事故に遭ったときに衝撃を吸収してくれます。ハイヤーに使われている車両は、見るからに丈夫そうなものばかりです。

ハイヤーは車両の種類によって違いはありますが、運転支援システムが導入されているので、危ないときに自動ブレーキがかかったり、車線逸脱防止装置により車線をはみ出した運転をした際には瞬時に反応したりしてくれます。ちょっと邪魔なものがあって避けた際にも反応するため面倒さはありますが、本当に危ないときにもしっかり作動してくれるので心強い存在であることは間違いありません。高級車にはこのような運転支援システムが標準装備されているので、車両そのものが守られた存在だといえます。

車両の種類はセダンタイプの車両はハイヤー会社によって違いがありますが、4~5名の定員となっています。最近増えているのがバンタイプの車両でこちらは定員が大きいものになると9名くらいまで乗ることが可能です。ゴルフの送迎や冠婚葬祭の送迎などで使われます。車種については、ハイヤー会社によってひとつの車種にこだわっているところがあったり、複数の車種をそろえていたりしています。なかには国産車にこだわらず、海外の高級車をそろえているところもあります。海外の高級車も上品で内装もおしゃれ。好みによるとは思いますが、一度は乗ってみたい車だと思われます。