ハイヤーを利用するなら知っておきたいコロナ対策

毎日コロナウイルスに関する報道ばかりで気持ち的にやや落ち込み気味ですが、ウイルスは見えないため、できる限りの感染予防対策を取りたいものです。さまざまな移動手段のなかでハイヤーの感染予防対策は注目が集まっています。それは、コロナウイルスに感染する人を出さないために徹底的に取り組んでいるからです。公共交通機関を利用した移動手段については不特定多数が利用することもあり、どうしても自主的な感染予防対策がメインとなります。「自主的」というと聞こえはいいのですが、どのくらいの対策を取るのかはそれぞれ違っており、一定以上のレベルに持っていくことは難しいでしょう。その点、ハイヤーの感染予防対策は利用が予約制であるため、その都度行うことができます。1組のお客様の送迎が終わって、次のお客様を迎えに行く前に車内の除菌などを一通り行います。

車内の空気の入れ替えを頻繁に行っており、さらに車内の除菌は次亜塩素酸ナトリウム液を使う徹底ぶり。除菌効果が高いにもかかわらず安全性の高い次亜塩素酸ナトリウム液は、人々が手で触る場所を拭きあげるのに適しています。そして、オゾン発生器を使った車内のにおいへの対策などが行われ、完璧な状態でお客様を迎えています。また、乗務員とお客様の間には飛沫感染を防ぐためにシートが設置されており、物理的な距離感がありますが、対策を第一に考えるとやむを得ないでしょう。

乗務員個人については日々の健康管理を徹底してもらう一方で、毎日の検温を含めた健康チェック、マスクの着用などを徹底しています。もし、体調がすぐれないことがあれば勤務を休ませる体制が整っているため、お客様にとって安心して利用できる体制であることは間違いありません。もともとハイヤー会社そのものが、勤務時間すべてを車の運転をしているのではないため、余裕を持って勤務しています。上質な接客をしなければならないため、時間に追われているような状況だと、立ち振る舞いを一定の質以上に保つことが難しいからです。

これから先もウイルスは変異を続けて私たちの見えないところで猛威を振るうと予想されます。自粛生活ばかりしていると経済も回りませんし、人の心もすさんでいくでしょう。上手に感染予防対策を行って、リスクを減らすような生活を送りましょう。ハイヤーを利用されるお客様はコロナウイルスに怯えてはいますが、それでも自分の生活を楽しみたいと思って、予約をしているようです。これまで公共交通機関で観光をしていたのに心配だからとハイヤーを利用されているのは、感染症予防対策がしっかり取られており、不特定多数と接触しなくていいからだそうです。